山ちゃんの結婚を心理学的に分析!?蒼井優との離婚の可能性は?

Pocket

話題の山ちゃんこと山里亮太さんと、蒼井優さんのご結婚✨

世間では「リアル美女と野獣」「ブサメン界の希望の星」と、ブサイクランキング総合1位と恋多き美人女優の結婚記者会見で盛り上がっています。

 

あなたも、意中の異性と結婚したいなら山ちゃんと蒼井優の結婚のプロセスを心理学的に分析し、参考にしてみるのはいかがでしょう?

ということで、心理学的に考察してみます。

 

ズバリ、山ちゃん&蒼井優の結婚の決め手は

・職場婚
・共通の友人

 

これだけ見ると、典型的な恋愛結婚パターンなので、シチュエーションからは、全然不思議ではないということになります。

 

理由1:ウインザー効果

結婚会見を観ましたが、やはり恋のキューピッド:シズちゃんのおかげですね。

 

心理学的に分析すると「ウィンザー効果」が大きく影響したと推察できます。

ウインザー効果とは、人は本人から直接聞いた・言われた言葉やお話よりも、第三者から間接的に伝わった情報の方を信頼する傾向があり、影響力が強いと言われています。

 

今回の山ちゃんと蒼井優さんのように、好きな異性の間に第三者がそれぞれの良い情報を間接的に話してもらうことで、影響力が高まり、結果的に好意性が向上します。

 

特に、仲の良い友達からの情報なら、信頼性もあるので好感度がさらに高まります。

シズちゃんが両方に「ウインザー効果」を発揮した賜物ですね。

 

理由2:ザイオンス効果(単純接触効果)

また、一番大きいのは「ザイオンス効果(単純接触効果)」です。

 

山ちゃんと蒼井優さんはシズちゃんを通して、会うことが多く、接触回数が増える。

芸能人という立場や職場環境が類似しているため、共感やストレスの共有が得られやすい。

当然ながら価値観や考え方が似ていたということでしたね。

 

このように、記者会見内容から心理学的に考察すると結婚に至る過程としてはすごく当然の結果とわかります。

 

理由3:告白した。(行動を起こした。)

1点、納得できない、認めたくないのが、「あの山ちゃんが・・」という点ではないでしょうか?

 

これは心理学というより、女性の恋愛観や社会性によるものが大きいと考えます。

つまり、女性は許容範囲が広いということです。

 

山ちゃんがブサイクかどうかは好みの問題なので触れませんが、一定の清潔感があれば、女性は受け入れる許容力があります。

 

要は、見た目を重視していないということです。

 

山ちゃんを色眼鏡なしに分析すれば、芸能人として知名度があり、レギュラー14本という、「仕事ができる男」になります。

 

キムタクやソリマチがどんなにかっこよくても、レギュラーがない、つまり仕事がないのは男として魅力が落ちますよね。

(彼らが働かなくても生活していける貯えががあるというのは別のお話にして・・。)

 

山ちゃんは、いま男としてなのです。

 

そして恋愛学的に考えると蒼井優はモテすぎるため、意外と告白されにくいのではないかと推測します。

頻繁に「お誘い」はあるが、真剣な交際や結婚を「告白される」ことは少なかったのではないでしょうか?

 

よく、非の打ちどころのない美女が30歳過ぎても、40歳過ぎても独身であることも珍しくありません。

そのような人に、質問すると「プロポーズされなかった」「告白してもらえない」という理由が予想以上に多いです。

 

同じように、いわゆる「美女と野獣」「ブ男と美人」の夫婦に結婚のきっかけを聞いてみると、「告白されたから」「彼しかプロポーズしてくれなかった」という意見が多いことも注意していただきたい。

世の男どもは勝手に高嶺の花と決めつけて、イメージの中で「断られたシミュレーション」をしてしまい、現実で告白しないということです。

 

私もスッチーや、モデル並みの美人と付き合ったことありますが、身の程知らずで告白した賜物だと思っています。

 

まとめ

意中の人がいて、どうしても結婚したいなら

 

①同じ職場で働く
 ザイオンス効果(単純接触効果)を優位に使う

共通の友人を作る
 ウインザー効果を使う

③告白する

 

①②も重要ですが、③がすべてです。

告白しないことには、結婚はできません。

結婚できない人の多くは、そもそも告白していない、されていない人ばかりです。

 

心理学も成功確立を上げることはできますが、告白しないことにはゼロのままです。

成功哲学でも同じですが、行動した人が成功するのです。

 

山ちゃんと蒼井優の離婚の可能性は?

「すぐ離婚しそう」などの意見もあるようですが、記者会見の熱愛ぶり、ゾッコンぶりを見る限り全く心配ないと私は思いました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る