メモリが安い!自作PC、買い替えのチャンス!

Pocket

先日パソコンを買い換えるので、詳しい人教えて~的な動画を撮ったのですが、実は今、パソコンがお買い得だってこと知っていましたか?

なぜなら、メモリの価格がどんどん落ちているからなんです。

 

メモリと言っても、いろいろあるので、少し詳しく。

パソコンで使われるメモリは大きく2種類です。

D-RAMと、フラッシュメモリ。

一般的にメモリというとD-RAMのこと指します。

パソコンで使うメモリはD-RAMと呼ばれ、パソコンを動かしているときに一時記憶メモリとして機能します。

DDR3とかDDR4が今は主流ですが、まずそれらが安いです。

さらにNANDフラッシュメモリーという、データを保管しておくメモリーがあります。

こちらは、パソコンの電源を切ってもデータを記録、保存しておけるメモリです。

NANDフラッシュはSDカードやSSD(ソリッドステートドライブ)に使われています。

パソコンが机だとすると、机の上の作業場がD-RAMのメモリ、モノをしまっておく引き出しに相当するのがフラッシュメモリです。

メモリが大きければ机が広いので、沢山のアプリを開けますね。

フラッシュメモリの容量が大きければ、データを沢山保存できるというわけです。

 

これらが、いま大変お安くなっています。

なんで安くなっているかというと理由があります。

メモリが、売れず大量に余っているからなのです。

では、なぜ余っているか、その理由をまとめます。

 

理由その1 iPhoneが売れない

XR,XSが全然売れていないようです。

未だにiphone8に需要があるようでそれでも数は全然落ちていると。

PC同様、D-RAMもNANDフラッシュも売れないので余ってい

 

理由その2 Androidも売れない

iphoneが売れなくなったわけではなく、スマートフォンが供給過剰になったということなのです。

これまでははじめてスマホを持つ人が多かったのですが、一通り普及してとりあえずスマホをゲット。

買い替える人だけの需要なのと、最近のスマホが高性能になり、買い替えサイクルも落ちてきたことが原因のようです。

 

理由その3 仮想通貨のマイニング需要の低下

ビットコイン価格が下がって、マイニング業者がかなり倒産・撤退したようです。

マイニングは性能が重要なので、高性能なグラボ、つまりメモリを大量に消費していました。

マイニング業者の撤退で、需要が減り、大量に余ったと言われています。

 

理由その4 米国の対中国貿易制裁

特にファーウェイでの需要が激減したのも影響しているようです。

ファーウェイはスマートフォンだけでなく、スマホの基地局やサーバー製品を扱っており、米国制裁のおかげで出荷量が減り、余剰在庫が発生するということです。

 

それ以外にも、メモリ製造の技術革新や品質安定などもありますが、理由で上げた4つの要因が2018年後半から2019年にかけて集中的に重なったため、市場に大量に余っているということです。

この価格下落は2019年下期も続くだろうと言われています。

 

なので、今よりも秋にはさらに下がる可能性はあります。

とはいえ、安いから買うは単なる浪費です。必要な時に必要なものを買う消費、

仕入れとして購入した金額以上のパフォーマンスで利益を出せば消費。

 

今回蜂野はビジネス用途で設備投資として購入します。

たまたま、購入するとき安く買えるということです。

 

なので、ちょうどメモリを増設したかった、SSDを導入したかったという方は消費としてナイスはお値段で買えた。

ちなみに、安いからと言って不必要に買うべからず。

浪費と消費と投資を意識して買いましょう。

蜂野は今回、投資であり、法人経費で買います。もちろん100%お仕事用です。

 

ということで、メモリが安いということで、その理由を調べてみました。

また、パソコン購入したら、どういう視点で買い替えたのかを共有しますのでお楽しみに。

 

FRONTIERダイレクト

—————————————-

★投資と副業で「不安⇒ゆとり」に
家族と健康とお金と人生を
楽しむサラリーマン

蜂野一のLINE@はこちらです(^^♪

友だち追加

auでiPhoneの方はID検索にて登録できます

@rfu5313q (@マークを忘れずに!)

 

★電子書籍出版しました♪

「未来の通貨 initiativeQ 詐欺を見抜く指南書」

 

「副業の裏本: 3000万稼いだ男が明かす副業で稼げる1%の人になる方法」

 

「普通のサラリーマンが明かす仮想通貨で3000万まで資産を増やした秘密」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る