ふるさと納税。やらなきゃ損!?

Pocket

給与収入の約1%が「お礼品」として貰える

「ふるさと納税」やらなきゃ損です!

 

ふるさと納税、

意外にやっていない方が多いです。

 

もったいない!!

 

ネットで何か買うのも、

ふるさと納税するのも手間は変わりません。

 

選んで、申し込む、それだけです。

 

確定申告が面倒という方が多いですが、

医療費控除したことある方なら、

同じ要領と手間で、でできます。

 

メリットはというと

実質2000円の負担で、

所得に応じて

様々なお礼品を貰える。

 

給与収入が

500万円なら6万円~3万円のふるさと納税(寄付金)が可能です。

600万円なら8万円~4万円のふるさと納税(寄付金)が可能です。

 

ふるさと納税の仕組みは、

自治体への寄付です。

 

この寄付は寄付金控除

という形で、所得に応じて、

全額税控除対象になります。

 

例えば、50万円のうち、

10万円をふるさと納税で

自治体に寄付しました。

 

この10万円は寄付金控除に

なるので、居住地への税金は

40万円で済む。

 

ということです。

 

居住地に50万円税金を納めるのか

寄付で10万円、居住地に40万円

税金を納めるのかの違いです。

 

あなたの財布から持ち出す

金額50万円は同じですが、

ふるさと納税した場合は、

自治体からお礼品が貰えます。

 

つまり、50万円同じように

財布から出ていくが、

ふるさと納税の場合は、

お礼品が貰えるということです。

お得じゃないですか?

 

さらにここで、裏ワザで

ポイントサイト経由で

ふるさと納税すると、

ポイントもついてさらにお得。

ビットコインでもらうことも

できちゃうわけです。

 

寄付金枠を把握するときに、

収入や税控除についても調べるので、

自然と楽しみながら

税金についても学べます。

 

自分の税金額、把握してますか?

自分で計算すると

税の仕組みが理解できます。

 

税の仕組みが理解できると、

どこをどうすれば節税できるか

わかってきます。

 

 

【ふるさと納税】

どうせ、払わなきゃいけない税金

だったらお礼品をくれる自治体に
納税した方がお得じゃないですか?
(確定申告で寄付金扱いで税控除します)

ふるさと納税は誰でもできる、
お得な納税方法です。

国が作った法律(ふるさと納税制度)を、自治体が上手に活用した(お礼の品で納税者を呼び込む)仕組みです。

せっかく税金を収める(強制徴収)されるなら、一部を自分に所縁のある自治体に収めませんか?

収めた自治体からは「お礼」として特産物等を頂ける仕組みです。

給与収入が
500万円なら6万円~3万円のふるさと納税が可能です。
600万円なら8万円~4万円のふるさと納税が可能です。

※収入や扶養家族によって金額が変わります。

今回の寄付金は10,000円です。
これはいくつかの自治体に分けても良いので、

山形県の自治体にりんご目当てで10,000円
愛媛県の自治体にみかん目当てで10,000円
ということも出来ます! 

 

ふるさと納税サイトを以下に集めました。

まずは、お目当てのお礼品を探して、

目的の商品や欲しいものが見つかったら

「ふるさと納税」してみてください!

(写真をクリックするとその「ふるさと納税」サイトに飛びます!)

 

ふるさと納税 さとふる

 



 

 

ふるさと納税のさらにお得な活用方法は

こちらをご覧ください!

ページ上部へ戻る